脱毛クリーム

脱毛クリームは毛を溶かして脱毛します

若い女性にとって脱毛はルーティンワークになっていますが、脱毛には痛みを伴うことがよくあります。そこで、最も痛みの無い脱毛方法に脱毛クリームがあります。 脱毛と言うと、「毛を抜く」という意味が強いですが、脱毛クリームは「抜く」というものではなく、アルカリ性の化学成分でもって毛を「溶かす」方法です。 肌にクリームを塗って、しばらくしてからふき取るだけという非常に手軽な脱毛方法でもあります。また、塗るだけなのでどこにでもできますし、仕上がりも肌がつるつるしてきれいになります。 なお、カミソリで剃った場合は、毛の断面が太くなって目立ってきたり、伸びてきた時にチクチクしたりするということがありますが、脱毛クリームは毛を切るわけではないので、そういうことは起きません。 ただ、肌に直接塗布するので肌へのダメージが出やすく、かぶれや炎症を起こす場合もあります。それは、脱毛クリームが毛の成分であるタンパク質を溶かすだけではなく、皮膚の成分であるタンパク質にまで影響を及ぼすことがあるためです。そのため、肌の弱い人やアトピー肌の人には脱毛クリームは向いていません。普通肌の人でも、処理後は保湿専用のクリームなどでケアすることが大切です。 最近では肌に優しいタイプも増えてきましたが、使用前には必ず腕などでパッチテストをした方が賢明です。また、お風呂上りや日焼けした肌には使用しない方が無難です。 なお、脱毛クリームでは永久脱毛はできないので、定期的な処理が必要になります。