ブラジリアンワックス エステ

ブラジリアンワックスとエステの違い

af0100002692ブラジリアンワックス脱毛とは、アンダーヘアの脱毛ワックスと呼び方を変えることもできる脱毛方法です。Vラインの脱毛に加え、Iライン、Oラインのワックス脱毛なのです。アンダーヘアのデザインなども好みで決めることができ、もちろん完全に脱毛してしまうこともできます。 この脱毛の仕方は、温めたワックスを脱毛する部分に塗り、その上にワックス脱毛専用の不織布をを当てて引き剥がします。ワックスにも種類があり、ソフトとハードに分かれますし、不織布を使わず、固まったワックスをそのまま引き剥がす方法もあります。 この脱毛法のメリットは、カミソリ負けが生じないことと、毛根から抜けるので毛の再生に時間がかかるということです。 デメリットとしては、皮膚の敏感な部分に行うために、しばらく皮膚が赤くなることが多いことです。ほかにありうる皮膚トラブルとしては、埋没毛、毛膿炎、色素沈着、肌荒れなどが挙げられます。 また、市販のワックス脱毛剤を使うこともできますが、自宅での自己処理はVラインから恥骨辺りまでにとどめておくことをお勧めします。Iライン、Oラインになりますと粘膜近くでの脱毛となり、引っ張ったりすることで内出血を起こしたり、細菌感染などを起こすと危険ですので、やめたほうがいいでしょう。 ブラジリアンワックス脱毛と脱毛エステとを比べた場合、どちらも一長一短といえます。ブラジリアンワックス脱毛はスピーディーに脱毛できるの対して、脱毛エステは何度も足を運び少しづつ進めていきます。脱毛エステでは、最終的にはほとんど無駄な毛がなくなっていくのに対し、ブラジリアンワックス脱毛はそこまで毛はなくなりません。