自己処理 ビキニライン 黒ずみ

ムダ毛の自己処理の危険性!ビキニラインの黒ずみに注意!

af0100014330Vラインだけでなく、アンダーヘアの脱毛部分はすべてがデリケートな部分ですので、脱毛も慎重にしなければなりません。Vラインは皮膚も薄く、皮膚の刺激や摩擦によって黒ずみができる原因となってしまいます。肌は外からの刺激受けると、メラニン色素を生成して刺激を受けた部分を保護しようとは働きます。そのメラニン色素の色が褐色から黒みがかった色なので、その部分が黒ずんで見えるということです。 Vラインの脱毛方法によって、Vラインが色素沈着をおこしてしまい黒ずんだ状態になっている方も、多いのではないのでしょうか? 自宅での自己処理というのが最も多い方法ではありますが、Vラインの色素沈着をおこしやすい脱毛方法でもあります。カミソリで剃る場合は、かみそり負けをして色素が沈着したり、抜く方法では、この脱毛方法が一番皮膚に刺激を与えますので、いろいろな皮膚トラブルの原因にもなってしまいます。他には、除毛クリームによる肌荒れからくる黒ずみや、クリームが合わないことによる痒みや湿疹なども見られるようです。 自宅でのVラインの除毛では、家庭用除毛器によるVラインのムダ毛処理が、皮膚に対する刺激が一番少ないのではないでしょうか。無理矢理、引っこ抜いたり、溶かしたりするのではなく、毛根を弱らせて自然に抜け落ちるのを待ちますので、毛穴に対する刺激は少なく、またくろずみを生み出す原因にもなりにくいようです。 もちろん、お金と時間はかかりますが、エステでプロの施術による脱毛となりますと、黒ずみには一層なりにくいはずです。 自宅でのデリケートな皮膚であるVラインの脱毛は、よく考えてから行うのが賢明といえるでしょう。.