レーザー脱毛 知識

レーザー脱毛の基本的な知識

脱毛の手段のうち、処理する効果と安全性を兼ね備えたもので、もっとも信頼性と確実性が高い脱毛の方法がレーザー脱毛であるといわれます。 レーザー脱毛を受ける際の注意として、医療用のレーザーを用いた脱毛は完全な医療行為であるため、エステティックサロンで行っているのは完全な脱毛にはならないということです。よってクリニックや、クリニックに併設されたサロンでしかレーザーを用いた脱毛は行えないというのは頭に入れておくといいでしょう。 脱毛に使用されるレーザーはさまざまにありますが、もっとも用いられるのがアレキサンドライトレーザーと呼ばれるレーザーです。他にもダイオードレーザーやルビーレーザーなどさまざまな種類があります。 これらのレーザーを用いて、毛根に存在する毛母細胞のメラニン色素を破壊し、それ以上毛が生えてこないようにするのがレーザー脱毛のメカニズムです。 施術の方法としては、脱毛したいと思う部分の毛を剃り、そこに目印となるマーカーでのラインを引いた後、レーザーを照射します。通常であれば直径が1~1.8センチメートルほどの光が毎秒一回ごとに照射されます。 照射された部分が赤くなることもありますが、痛みはほとんど感じず、赤みも冷やせば2、3日後には消えることになります。施術したあとに1週間程度は毛根部分がなくなった毛が皮膚の表面に押し出されてきますが、その後は自然に抜け落ちてきてもう生えてこなくなります。