デリケートゾーンの自己処理

Vラインの自己処理って?おすすめのムダ毛処理を紹介

カットと保湿が大切です

まずは形を決めましょう。最初は、逆おにぎり型や逆たまご型が処理しやすいと思いますよ! 次に、毛の長さを短く均等にするために、ハサミや電気シェーバーでカット。 長いままのシェービングは厳禁です!毛を巻き込んでしまうので、とっても危険です! あとは、毛の流れに沿って(逆剃りはNG!)シェービング!形を整えてください。 毛抜きやカミソリを使うと、炎症を起こしたり、毛が埋没してしまうので使用禁止です! 残っている部分の長さが気になるようでしたら、3cmくらいに揃えれば下着からハミ出る心配もありません。 最後に、シェービングした部分を冷やしたタオルで落ち着かせて、ローションやクリームをたっぷり塗ったら完了です。

けど自己処理はオススメできません

安いのでついつい自己処理で済ませてしまいがちですが、お肌のトラブルを招いてしまい、後々高くつくことがあります。 毛穴が炎症してしまったり、毛が埋没してしまうと、あとから「やっぱり脱毛したい」と思ったときに お肌の状態を元に戻すことから始めないといけなくなるからです。 幸い、お肌には再生能力がありますので、改善の見込みがないわけではありません。 けど脱毛って1日でも早くしたいですよね? タイムロスをなくすためには、自己処理の頻度を減らして、Vラインに摩擦・刺激を与える下着や洋服はなるべく避けてください。 そうすれば、より早くきれいなVラインデビューができますよ!

施術後のアフターケアも大切

脱毛後は、照射の効果を吸収している状態にあります。 湯船には浸からず、シャワーのみにしてください。 ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、きれいなVラインのためです。グッとがまんです。 保湿用のクリームやジェルは、ケチらずにしっかり塗ってくださいね。 ここでケチってもイイことありませんよ。 すべてはきれいなVラインになって、新しく生まれ変わるためです!