生理中でもVラインの脱毛ってできる?

生理中はNG!

生理中は人によって、肌が荒れたり、イライラや頭痛がしたりします。 なかには腹部にすごい重みを感じたり、胸が痛くなるほど張ったりする人もいるでしょう。 これは生理前後に分泌される、プロゲステロンというホルモンが原因。 お肌や体調などに影響を及ぼします。 生理中はお肌も敏感になる人が多いので、デリケートゾーンであるVラインの脱毛には制限がかかっているんです。 ただでさえ痛いVライン脱毛ですから、敏感な生理中に脱毛をすればどうなるか…考えただけで怖いですよね。 また、出血による感染症を予防するという観点もあるそうです。 だからウソをついて脱毛を予約したらダメですよ!

きちんと「生理中です」と伝えてください!

脱毛は毛周期に合わせて行いますので、だいたい2~3ヶ月ごと。 2~3年は通うことになりますから、生理で予定が合わないことがあると思います。 行きたいときに行けないのは辛いですが、正直に「生理中です」と伝えてくださいね。 もしVライン以外の部位の脱毛も行っていれば、サロンによって規定がありますが施術を受けることが可能です。 と言っても、生理中はお肌がより敏感になり、刺激が強い時期ですので、くれぐれも注意してください。 自分では平気だと思っても、お肌が荒れやすくなっていることがあります。 施術士の人に相談して決めるのが安心ですよ。 生理痛が強い人や生理中に毎回具合が悪くなる人は、無理に脱毛せず、生理が終わるのを待ちましょう。

VIOライン以外のアフターケアもしっかりと!

脱毛にはアフターケアがつきものですが、生理中は自宅でいつもより丁寧にケアしてください。 「仕事や家事が忙しくて」「ついつい面倒で」なんて怠けてしまうと、きっと後悔します。 お肌にトラブルが起きてからでは遅いです。高額な費用をかけて脱毛するのですから、 自宅でのアフターケアも手を抜かないでくださいね。