Vライン脱毛のデメリット

Vライン脱毛のデメリット

Vラインは、皮膚の柔らかい部分でもありますので、脱毛による痛みがデメリットといえます。

脱毛の種類においても、ニードル脱毛は針を刺しての脱毛ですので一番痛いです。フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は痛みの少ない脱毛とは言われていますが、レーザー脱毛のほうがバチっと弾くような痛みが強いとのことです。
なかには、Iラインの脱毛などは、涙が出そうだったとか、痛さに驚いたとは聞きますが、痛みだけは個人差がありますのでなんとも言えないところです。

他には、脱毛の回数が進むにつれて毛が少なくなっていくのですが、その時に「あれ!こんなはずじゃなかった!」とか「Vラインの脱毛しすぎた!」なんてことのないようにしましょう。ワキやIライン、Oラインでしたら、毛は無いに越したことはないのですが、小さすぎるVラインとか、作り込み過ぎたVラインは、将来的に後悔することがあるかもしれませんので、慎重に考えて施術に臨みましょう。

デメリットではないのですが、VIOラインにつきましては、女性の大切な部分ですので、そこを守ろうと防御反応が働くことによってメラニン色素が増えて、黒ずんでしまったり、下着がこすれて黒ずんでしまったりして、レーザーなどの脱毛効果があまり上がらないことがあります。
その場合は、ニードルでの脱毛になってしまう人もいるようです。皮膚科などの医療機関では、黒ずみに対する塗り薬なども処方してくれますので、自分に一番合った脱毛方法が見つかるといいですね。