Vラインの黒ずみを消す

Vラインの黒ずみを消すのに一番いい方法は脱毛です

af9980014485

Vライン(ビキニライン)の黒ずみで悩んでいる人は多いです。下着の締め付けや、擦れたりすることによって色素沈着を起こしている人や、Vラインのムダ毛処理をカミソリや毛抜きでやってしまうと炎症をおこして黒ずんでしまうこともあります。そんな時はどうしたらいいでしょうか?

下着の締め付けや擦れであれば、まずは夜寝る時に下着を付けずにできるだけ緩いワンピースやパジャマなにするだけで少しは黒ずみが解消されます。
乾燥も黒ずむ原因になりますので、保湿ケアをまめにすることも大切です。お風呂でVラインをゴシゴシあらうのは絶対にやめましょう。
保湿ケアには普通の化粧水や乳液でもいいですが、できれば黒ずみやシミ対策専用のジェルを使うとより効果的です。

アットコスメのケアランキングで1位の商品「ピーチローズ」はお尻のシミや黒ずみ用なのですがVラインでもぜんぜん問題なく使用できます。

あまりにも黒ずみがひどいようであれば、美容皮膚科や美容外科で診てもらうのもいいかもしれません。クリニックで処方されるジェルやクリームにはハイドロキノンやビタミンなど、メラニンを作るチロシナーゼの働きを阻害する成分が高濃度に配合されています。効果が高い分、費用もかかってしまいますが、黒ずみがひどいようであれば考えてみてください。

自分でビキニラインのムダ毛を処理したことによる黒ずみであるならばすぐにでも自分での処理はやめましょう。

どんなに気をつけていてもカミソリや毛抜きでムダ毛処理をしていては、かならずお肌にダメージが蓄積してしまいます。Vラインの自己処理を続けているうちは黒ずみがなくなることはありません。

かといって水着を着たり、彼氏と泊まりでお出かけする機会があれば、アンダーヘアをそのままにできない人も少なくありません。
そんなときは、おサイフに余裕があるなら医療脱毛クリニックで、そこまでかければない場合は脱毛エステサロンがおすすめです。

医療脱毛は効果が強い分、値段も高いし痛みも強いです。脱毛エステサロンでは、効果がでるのに多少時間がかかるものの、痛みも少なくおサイフにも優しい値段が多いです。
どちらにしても、脱毛を始めれば自己処理の回数はぐっと減ってくるので、黒ずみは少しずつ解消されていきます。

しかも最近は値段がどんどんと下がってきています。中でも人気のミュゼではWEB予約をするとたったの2600円でVライン脱毛が無期限・回数無制限で脱毛し放題。こんなに安いのに自分でムダ毛処理する理由はないですよね(笑)

店舗数も全国で150店舗以上と、脱毛専門サロンの中で一番多いので通いやすいです。もし少しでも興味があるなら、無料でカウンセリングできます。ミュゼでは勧誘はぜんぜん無いので安心してカウンセリングができます。※ホームページにはワキ脱毛のことばかり書いてありますが、実はVライン脱毛は隠れた超オトクコース。カウンセリングのときに「Vライン脱毛」希望といえば大丈夫です。

その他、一番お得なVラインの脱毛について徹底的に比較していますので、ビキニラインの黒ずみが気になって脱毛を考えている方はチェックしてみてください。